e-Radのシステムが新しくなり、新e-Radの運用が開始されました。 下記の推奨動作環境以外では、e-Radのページが開けなかったり、ログインできなかったりという現象が起こるようです。

Macをご使用の方で、Safariを最新のver.11.0にアップデートしている方は、推奨動作環境とは異なるため、現時点ではSafariを使用して新e-Radにログインできません。e-Radのヘルプデスクに問い合わせたところ、そのような問題は認識しているが、いつ改善できるか明言できないとのこと。

そんな中でも、MacからFirefoxを使うことで、e-Radにログインできた例をご紹介します。 使用したOSとブラウザーのバージョンは、以下の通りです。

  • OS: ver. 10.11 (El Capitan)
  • Webブラウザー: Firefox ver. 58.0.2

Firefoxでe-RadのTopページにアクセスすると、「安全な接続ではありません」という注意喚起の画面が表示されます。

 

そのウィンドウの右下の、『エラー内容』を押すと、エラーの内容が表示されるとともに、右下に『例外を追加』のボタンが現れますので、それを押してください。

続いて、証明書の状態についてのウィンドウが現れますので、左下の『セキュリティ例外を承認』を押してください。

これで、e-Radのページにアクセスでき、ログインができると思います。

もし、再度同様の画面が現れた場合も、『例外を追加』する操作を行うことで、最終的にe-Radにログインできるようになります。

上記のバージョン以外でもログインできるかもしれませんので、Macからe-Radへのログインを諦める前に、一度お試しください。