新潟大学 研究企画室 –URA–

新潟大学researchmap総合窓口

平成31年度科学研究費助成事業の公募から、審査委員が審査においてresearchmapを参照できるようになりました。 科研費申請にあたり、新潟大学におけるresearchmapの取扱いに関する情報を集約しています。 新潟大学researchamp総合窓口は、研究企画室と評価センターの共同で作成しています。

researchmapデータ入力の作業フロー

researchmapで一般的な自己紹介ページを作るフローのイメージは、次のとおりです。図をクリックすると、PDFファイルが開きます。図中の(1)~(5)は、図の下のリンクに対応しています。

フロー図

上記の図中の(1)~(5)に対応する問い合わせ先(参照先)は、次のとおりです。

researchmap関連の通知や説明会開催のお知らせ

これで完成!科研費対応!researchmap作成説明会のお知らせ

標準的なレベルのresearchmapのCV(履歴書)を作るために、実際に手を動かして、その場で完成させることを目指す説明会を企画しました。

「知りたいことだけサクッと科研費セミナー」のテーマの一つとして、2019年11月から、毎週、開催する予定です。詳細は、開催案内のページで、10月以降にご案内する予定です。

【終了しました】平成31年度 科研費申請に係る変更点及び、大学情報データベース(研究者総覧)とresearchmapとの連携等についての説明会の資料

新潟大学研究者総覧とresearchmapとの連携について、経営戦略本部評価センター 今井博英 准教授より説明しています。 詳細は、説明会のページにどうぞ。

説明会では、平成30年9月27日の通知 「新潟大学大学情報データベースから researchmap へのデータ提供について」、について、説明します。

添付資料

  1. 大学情報データベース(研究者総覧)→ researchmapデータ提供 【希望者用設定方法】
  2. 大学情報データベース(研究者総覧)→ researchmapデータ提供 【希望しない方用設定方法】

researchmap Q&A

自分が知らない間にresearchmapのページが作られている。どうすれば編集できるようになるのか?

過去のいろいろな経緯で、本人が認識していない間に、結果的に、researchmapの個人ページが作られている場合があります。 新潟大学だけでなく、全国的にもそういうことがあるようです。 researchmapの「お問い合わせ」ページで、IDとパスワードの再発行を依頼することで、編集できるようになります。

科研費とresearchmapの関係について、知りたいことがある。

researchmap側で用意されている科研費に関するよくある質問のページがありますので、参考にしてください。 他に、科研費とresearchmapについて、不明な点がありましたら、研究企画室までお知らせください。

科研費の審査委員は、本当にresearchmapを見るのか?

「参照できるようになる」ので、審査委員によっては、見る人と見ない人がいると思われます。複数の審査委員経験者に尋ねたところ、「見る」「見ない」「ボーダー付近だけ見る」など、意見が分かれました。審査委員によっては見るかもしれないことを想定して、最低限の準備をする方が無難です。

審査委員が使う審査システムの画面上に、研究代表者のresearchmapのページへのリンクができていて、 審査委員が必要に応じてクリックするような形になっているようです。

researchmapへのデータの入力が手間だ。

researchmapは、和文、英文とも、書誌データベースからのデータ取り込み機能が充実しています。ほとんどの場合、手入力の必要はありません。

researchmapの操作方法に不安がある

科研費の審査委員を意識したresearchmapのページをその場で30分で完成させるハンズオン説明会を、2019年11月から12月にかけて、毎週開催する予定です。開催案内のページをご覧ください。

大学情報DB(研究者総覧)のデータをresearchmapにコピーしてもらいたい

大学情報DB(研究者総覧)のデータを researchmapにコピーすることを希望される場合は、評価センター 今井准教授に個別にご相談ください。全学でまとめてコピーを行う旨の通知は、今年は行わない予定です。詳細については、新潟大学大学情報データベースシステムをご覧ください。

これを機に、researchmapをマスタとしてデータを管理することをお勧めします。下の図を参考にしてください。

NUDBで入力した内容は、即座にresearchmapに書き込まれるのか

NUDBとresearchmapのデータ連携は、リアルタイムに行われるわけではありません。評価センターで一定の作業を行うことで、NUDBのデータがresearchmapに書き込まれます。また、データの連携について、2018年10月12日が期日になっていたのは、NUDBの誰のデータを連携させるかを決める段階です。これからテストの工程を経て、実際にresearchmapに書き込まれるのは11月5日の予定です。

NUDBからresearchmapにデータ連携させる際、科研費の研究種目が反映されません。

現状では、反映されないことが確認されています。researchmapへのデータ連携後、researchmap側で手入力で対応をお願いします。

researchmapに自分の研究者番号が登録されていないとどうなるのか?

研究者番号の登録がないと、審査時に科研費電子申請システムとリンクさせた形でのresearchmapの参照ができませんので、各自で研究者番号を入力しておいてください。研究者番号は、公開、非公開は問わず、登録されていればリンクされます。また、研究者番号の入力を誤ると、審査委員が参照する際に他人の登録情報が表示されることになりますので、十分ご注意ください。

researchmapと研究者総覧の連携について、今後の方向性は?

researchmapに登録されたデータを研究者総覧に、自動的に反映させることを検討しています。

学内の問い合わせ先

大学情報データベースシステムとの連携について

大学情報データベースシステム管理者:
経営戦略本部評価センター 今井(内線6099) uec-officeアットマークadm.niigata-u.ac.jp

担当事務:
総務部企画課 小田、長谷川(内線5137、6447) planningアットマークadm.niigata-u.ac.jp

パソコンや学内ネットワークの不具合について

情報基盤センター パソコン相談室 内線6230 questionアットマークcais.niigata-u.ac.jp

科研費の審査との関連、その他上記以外の問い合わせ

研究企画室URA 平井(内線7771) rao2アットマークadm.niigata-u.ac.jp

PAGETOP
Copyright © 新潟大学 研究企画室 –URA– All Rights Reserved.
Designed by © 2014 FIT Inc.