第2回「U-goサロン」が開催されました。

2017年6月14日(水)、本学旭町キャンパスの脳研究所統合脳機能センター6階ホールにて、研究推進機構主催 第2回「U-goサロン」が開催されました。

「U-goサロン」は、異分野融合研究や学内研究者との交流に関心を持つ研究者が一堂に会する場を提供し、長期的展望を視野に入れた研究グループの形成や研究者交流を支援するイベントです。第2回目の今回は、発表者が「提供できる要素」「欲しい要素」をわかりやすく発信することで、発表者・参加者双方が新たな研究の糸口を見出し、次の展開につながることを目指しました。

U-goサロン前半のショートプレゼンテーションでは、人文社会・教育科学系、自然科学系、医歯学系といった幅広い分野の研究者8名から、共同研究者を募る熱のこもった呼びかけが行われました。さらに、人文社会・教育科学系(院教育)の小久保美子教授からは、脳研究所との共同研究の事例を紹介いただきました。

脳研究所 那波宏之所長のご講演

その後の講演では、本学脳研究所 那波宏之所長にご登壇いただき、高い研究力を持つ脳研究所との連携・融合の可能性の説明と、脳研究所の研究者と学内の研究者との共同研究を推進する学内グラント、「異分野融合による革新的ヒト脳研究推進事業」の公募について、共同研究の例を交えながら紹介いただきました。

U-goサロン後半のポスターセッション&懇親会では、ポスター発表の内容を、[1] 研究紹介、[2] こんなことできます! 、[3] こんなコラボ求めてます!の3項目に統一し、それぞれ120字以内で表現していただきました。これらの情報は、研究情報交換サイト・U-goウェブにも掲載され、U-goサロン前後も発表内容の確認や、研究者への連絡を可能にしました。サロン当日は、掲示されたポスター36件を前に、また会場のいたるところで、多くの研究者による活発な意見交換が行われていました。

ポスターセッション&懇親会では、活発な意見交換が行われました。

今回のU-goサロンには約100人の方にご参加いただき、盛況のうちに閉会しました。

研究推進機構では、U-goサロンでの出会いをきっかけとして、新たな共同研究に挑戦していただくために、学内研究助成U-goグラントの公募を開始しています。研究推進機構と研究企画室URAは、今後も分野横断的な連携・融合による研究を推進して参ります。