グラフェンをはじめとする二次元材料の光学素子応用 | 研究情報 | 研究者情報交流サイト U-goウェブ
ホーム研究情報グラフェンをはじめとする二次元材料の光学素子応用

グラフェンをはじめとする二次元材料の光学素子応用

【2017年12月19日開催・第3回U-goサロン発表内容】

< 研究紹介 >
ナノカーボン材用であるグラフェンの高い電気導電性と光透過率に着目して、ペロブスカイトや量子ドットなどの次世代太陽電池の透明導電膜として応用している。グラフェン以外の二次元材料の合成と光学素子応用にも着手している。

< こんなことできます! >
グラフェンをはじめとする二次元材料の合成と評価。太陽電池の作製と評価。薄膜作製技術(スパッタ、化学気相堆積、蒸着、塗布など)。光学的物性評価。プローブ顕微鏡を用いた表面物性評価。磁性ナノ粒子やポーラスシリコンを用いたバイオセンサー技術。

< こんなコラボ求めてます! >
ナノ材料や低次元材料などの新規材料を新しい分野に展開していきたいと思っております。

< 共同研究相手国・地域 >

< 発表画像 >

戻る
ページトップへ戻る