ホーム研究情報水の相変化を利用したガス分離技術の開発

水の相変化を利用したガス分離技術の開発

【2017年12月19日開催・第3回U-goサロン発表内容】

< 研究紹介 >
環境調和型の未利用エネルギー活用システムへの展開を目指して,水から作られるハイドレートスラリーを用いたガス分離技術や蓄冷技術の開発を行っています。その基礎的知見として,スラリーの形成やガス吸収,流動時に生じる現象について研究しています。

< こんなことできます! >
流体の粘度測定やガス吸収量測定,ガスの成分分析などができます。
圧力をかけた状態の流体の流動性や流体内の固体の割合を評価できます。
熱力学的な相平衡計算ができます。

< こんなコラボ求めてます! >
ガス分離を必要とするプロセスやバイオガス,雪室を研究されている方とのコラボを希望しています。

< 共同研究相手国・地域 >
国内で本研究に興味を持っていただける方。

< 発表画像 >

戻る
ページトップへ戻る