新潟大学URAについて

リサーチ・アドミニストレーター(URA)とは、大学等において、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果活用促進を行うことにより、研究者の研究活動の活性化や研究開発マネジメントの強化等を支える業務に従事する人材を指します。

新潟大学では、平成24年(2012年)に文部科学省「リサーチ・アドミニストレーターを育成・確保するシステムの整備」事業に採択され、外部資金獲得のための申請支援など、主にプレアワード業務を担うURA組織の整備を開始しました。平成26年(2014年)には、URAの活動を支える事務部門との連携を拡充するため、研究企画推進部内にURAの所属組織として「研究企画室」を設置しました。平成30年(2018年)には、高度専門人材としての育成と定着を図るため、本学独自のキャリアパス制度を整備しました。

新潟大学URAは、総合大学のURAとして学問分野の多様性が持つ価値を理解し、新潟大学の理念・目標の実現のため、執行部や研究者、事務部門等と協働し、外部資金獲得支援のスキルを有した研究推進のスペシャリストとして、研究推進体制・機能の充実強化に資することを通じて、大学経営全体への貢献を目指しています。また、新潟県内の高等教育機関との連携を通じて、新潟地域全体の研究の活性化を目指します。


URAの業務内容

【人材】世界に価値ある創造的研究に意欲的に取り組む研究者等を支援します
伝統的な学問分野を支援するとともに、総合大学の特性を活かした異分野連携・融合研究を推進します。
新潟地域をはじめ、国内外の高等教育機関等と連携し、研究者にとって相互にメリットのある研究推進の形を模索します。
【資金】研究のさらなる発展のための外部資金獲得を支援します
科研費の獲得に向けて、幅広い研究者を支援すると共に、上位種目への挑戦を後押しします。
AMEDやJST等からの受託研究の獲得や、大学単位で申請する補助事業への申請を支援します。
【環境(物・情報)】研究が戦略的かつ円滑に進むための環境整備に貢献します
共用設備基盤センターと連携して、共用設備戦略の企画立案に貢献します。
国の科学技術政策に関する情報や研究活動に関するデータ等の収集・分析・発信を行い、大学の研究戦略策定に貢献します。

活動実績等の新着情報

新潟大学URAに関する活動実績等の新着情報は、こちらからご覧ください


URA組織について

URA組織図

メンバー(50音順)

主任リサーチ・アドミニストレーター

飯島 想 IIJIMA So

経歴

  • 東京都多摩地域出⾝
  • 岡⼭⼤学⼤学院⾃然科学研究科博⼠後期課程修了(博⼠(農学))
  • ⻑岡技術科学⼤学⽣物系産学官連携研究員
  • 国際協⼒機構(JICA)専⾨家/調整員(派遣国 ベトナム)
  • ⻑岡技術科学⼤学⽣物系特任助教
  • 新潟⼤学研究企画室リサーチ・アドミニストレーター
  • 新潟⼤学研究企画室主任リサーチ・アドミニストレーター

業務内容

地⽅国⽴⼤学の実情を踏まえ、研究⼒強化のために、海外との連携を活かす策を模索しています。
海外で研究プロジェクトの管理調整に携わっていた経験を活かし、海外の⾼等教育機関との連携協定の締結や、名古屋議定書に基づく海外遺伝資源のABS対応等、事務部門と連携して新潟⼤学全体の研究環境整備にも貢献しています。

主任リサーチ・アドミニストレーター

久間木 寧子 KUMAKI Yasuko

経歴

  • ⽇本⼤学経済学部 卒業
  • ⽇本⼤学⽣物資源科学部農芸化学科 編⼊・卒業
  • ⽇本⼤学⽣物資源科学研究科⽣物資源利⽤学分野 博⼠後期課程 修了
  • (独)NITEバイオテクノロジーセンター ポスドク
  • 新潟⼤学研究企画室 リサーチ・アドミニストレーター
  • 新潟⼤学研究企画室 主任リサーチ・アドミニストレーター
  • 新潟⼤学研究戦略本部IR推進室 兼務

業務内容

研究IRの主担当者として、⼤学執⾏部や部局⻑等へのデータ分析・提供に対応しつつ、各学部の研究担当副学部⻑等との定期的な情報交換を通じて、現場⽬線でのデータ分析を⼼掛けています。
分析のための分析に留まらず、外部研究資⾦獲得⽅策の企画⽴案に繋げるなど、部局ごとの事情を踏まえた議論に取り組んでいます。

リサーチ・アドミニストレーター

駒居 幸  KOMAI Sachi

経歴

  • 大阪女子大学人文社会学部 卒業
  • 筑波大学大学院人文社会科学研究科現代語・現代文化専攻博士前期課程 修了
  • 筑波大学大学院人文社会科学研究科現代語・現代文化専攻博士後期課程 単位取得退学後 博士(文学)
  • 筑波大学 人文社会系 特任研究員
  • 新潟⼤学研究企画室リサーチ・アドミニストレーター
  •  

業務内容

日本の現代犯罪小説の研究で、博士(文学)を取得しました。
人文学分野出身のURAとして人社系を中心とした研究支援策の企画・立案を行っているほか、研究広報担当として、本学の研究成果公開の活性化に取り組んでいます。

リサーチ・アドミニストレーター

武井 教展 TAKEI Norihiro

経歴

  • 群⾺県出⾝
  • 新潟⼤学理学部⽣物学科 卒業
  • 新潟⼤学⼤学院⾃然科学研究科⽣体機能専攻 修⼠課程 修了
  • 新潟⼤学⼤学院⾃然科学研究科⽣命・⾷料科学専攻 博⼠後期課程 修了(博⼠(理学))
  • 新潟⼤学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー研究員
  • 新潟⼤学 “ソフトな財=経験”による若⼿⼈材育成 インターンシップ研究員(併任)
  • ホリカフーズ株式会社 研究開発部
  • 新潟⼤学研究企画室 リサーチ・アドミニストレーター

業務内容

新潟⼤学理学部⽣物学科を卒業し、脳研究所⽣命科学リソース研究センターで博⼠号を取得、⼯学部にて⾷品⼯学分野のポスドクの後、県内の⾷品系企業の研究開発職を経て現職。学⽣として、⼤学研究員として、企業研究員として、様々な⽴場から培った視点や経験を活かし、医・⾷・農に係る分野を中⼼に、未来のライフ・イノベーションに資する研究⽀援に取り組んでいます。

リサーチ・アドミニストレーター

武⽥ 晃司 TAKEDA koji

経歴

  • 福島県出身
  • 学習院大学理学部化学科 卒業
  • 学習院大学大学院自然科学研究科生命科学専攻博士前期課程 修了
  • 学習院大学大学院自然科学研究科生命科学専攻博士後期課程 満期取得後 博士(理学)
  • 学習院⼤学理学部 助教
  • 新潟⼤学研究企画室リサーチ・アドミニストレーター
  • 新潟大学経営戦略本部IR推進室 兼務
  • 2022年10月11日付経営戦略本部IR推進室に異動

業務内容

これまで、キイロショウジョウバエを用いた消化管ホルモンの研究や寿命の研究、非モデル生物(昆虫)を用いた細胞生物学や分子生物学の研究を行っていました。研究者がより研究や教育に専念できる環境を整備するためにURAに転職することを決意。現在は、大学の諸活動に関するデータに基づく調査研究に取り組んでいます。

主任リサーチ・アドミニストレーター

長谷川 佐知子 HASEGAWA Sachiko

経歴

  • 東京都出⾝
  • 学習院⼥⼦短期⼤学 ⼈⽂学科国⽂学専攻
  • 住友商事株式会社 有機化学品第⼆部、⽯油化学事業室
  • 語学留学(ロンドン)
  • 本⽥技研⼯業株式会社 中近東アフリカ部
  • 新潟⼤学 知的財産本部、産学連携課
  • 新潟⼤学研究企画室 リサーチ・アドミニストレーター
  • 新潟⼤学研究企画室 主任リサーチ・アドミニストレーター
  • 新潟⼤学経営戦略本部学⻑室 兼務

業務内容

企業経験を積んだのち、転居してきた新潟で⼤学の仕事に出会いました。
産学官連携事業に携わる中で研究に関わる楽しさに⽬覚め、URAに学内転職。
異分野連携・融合研究を⽀援する学内助成U-goグラントの制度設計、研究交流イベントU-goサロンの企画⽴案を主として担当しています。

リサーチ・アドミニストレーター

李 香丹 LI Xiangdan

経歴

  • 中国⿊⿓江省出⾝
  • 新潟⼤学⼤学院現代社会⽂化研究科地域社会形成論専攻 博⼠後期課程修了(博⼠(法学))
  • 環⽇本海経済研究所(ERINA) 補助研究員
  • 新潟⼤学地域⼈材育成センター 研究員
  • 新潟法律⼤学校 教員
  • 新潟⼤学研究企画室 リサーチ・アドミニストレーター

業務内容

これまで⾃然科学分野出⾝者が多かった研究企画室で、初の⼈⽂社会科学分野博⼠学位取得者です。
⼈社系の幅広い研究者との対話を通じて、プレアワードや、学内の各種施策の企画⽴案、ELSIに関するWGの推進等、⼈⽂社会科学分野の研究の活性化に取り組んでいます。

URAアシスタント
研究企画室 事務補佐員

中村 まゆみ NAKAMURA Mayumi